自分の身体に気をつけてのTOPに戻る

口呼吸と口臭


最近の人は口呼吸をする人が増えていると言われています。

ある大学の教授が、講義中にペットボトルのお茶を持っている学生がとても多いことに驚き、それは口やのどが渇くため、つまり口呼吸をする人が増えてきているためではないかと指摘していました。

常に口で息をしていると、体にとっていろいろと不都合が出てきてしまいます。

まず、体臭の中でも気にしている人が多いといわれる口臭が強くなります。
口呼吸
口臭は、口腔内の病気である虫歯や歯周病による場合が多いのですが、口呼吸をすることにより虫歯や歯周病になりやすい環境が作られてしまうのです。

その原因は唾液に関係しています。

唾液というのは、口の中の食べ物のカスを洗い流したり、酸性度を一定に保つなどの役割をしています。

口の中では、食事をするたびに、食べ物のカスによって虫歯になりかけ、それを唾液が治すというサイクルが繰り返されているのです。

口呼吸をしていると、分泌された唾液がすぐ乾いてしまうため、唾液の役割が発揮されず虫歯や歯周病を進行させてしまうことにつながるのです。

自分の体臭に悩んでいる人は、その部位や臭いによって対策は異なりますが、口臭に悩んでいる人で口呼吸が原因のひとつと考えられる場合には、まずそこから治していくとよいでしょう。

口呼吸を治すには、チュウイングガムを毎日1時間ほど噛むと効果があるようです。

ガムはシュガーレスのものをお勧めします。

関連コンテンツ

口臭のチェック

臭いというのは不思議で、常にその臭いを嗅いでいると、慣れてしまって何も感じなくなることもあります。 ・・・

口臭は何故おきるの?

臭いのアンケート調査では、 「口臭」「足のにおい」「汗のにおい」が多かった、という結果があるそうです・・・

口臭は病気が原因?

臭いは人それぞれ感じ方が違うため、たとえばその臭いをかいだことのない人にどんな臭いなのか言葉で説明し・・・

口臭予防

口臭はどんなときに強くなるのでしょうか… 自分の体臭、特に口臭を気にしている人は結構多いものです。・・・

年齢と口臭予防

人は年をとると、自然と体臭は強くなります。 特に、誰かの手を借りなくては日常生活を過ごすことができな・・・