自分の身体に気をつけてのTOPに戻る
「自分の身体に気をつけて」トップ >  口臭対策 > 口臭は何故おきるの?

口臭は何故おきるの?


臭いのアンケート調査では、
「口臭」「足のにおい」「汗のにおい」が多かった、という結果があるそうです。

特に「口臭」については半数以上の人が気になると答えていました。
自分の口臭にときどき不安を持っている人は7割近く、また他人の口臭がときどき気になる人は8割近くいたそうです。
他人とコミュニケーションをとる際に、向かい合って話をすることは避けられないため、どうしても口臭は気になってしまうのでしょう。

■口臭の原因は何でしょう?

生理的な口臭・食べ物による口臭・病気が原因の口臭としてあげられます。その一つに、歯垢(プラーク)があります。

まず。口は物を食べるところですので、
食後には食べカスが、歯垢として残ってしまうのは当たり前ですね。この食べカスが、口の中の細菌によって簡単に腐敗発酵をおこし、最近を培養してしまいます。まずは原因の1つとしてこれが、口臭をもたらしているといえるでしょう。


■口臭の原因成分

口臭の主な成分は、揮発性硫黄化合物です。
メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドなどが上げられます。

口臭には、自分ではとてもにおいが気になるのに実際その口臭を測定してみると通常の範囲内であることがよくあります。

体臭に気遣う人が、歯科に訪れる時には、自分には口臭があると悩んで(実際はそうでもない)訪れることも多いようです。

人は誰でも、疲れて唾液の分泌が減ったときや、朝起きたとき、食後2、3時間後などは口臭があるものです。
それを必要以上に気にしないように。

この程度なら、息がかかるほど接近して会話をすれば別ですが、よほど周囲の人には感じられないにおいなので、気にすることはないのです。

神経質になって食後急いでうがいをしに走ることも、誰とも口を聞かずに食事の時間を過ごすこともありません。
食事は楽しく摂りたいものですし、楽しく感じることにより、唾液の分泌もより促されます。

どうしても気になるようでしたら、食後、口に残った食べ物を流す意味も含めてお茶を飲んでおけば、急いでうがいをするために洗面所へ走らなくてもよいでしょう。

お茶のページにもありますが、お茶の葉を噛むのも効果的です。

関連コンテンツ

口臭のチェック

臭いというのは不思議で、常にその臭いを嗅いでいると、慣れてしまって何も感じなくなることもあります。 ・・・

口呼吸と口臭

最近の人は口呼吸をする人が増えていると言われています。 ある大学の教授が、講義中にペットボトルのお・・・

口臭は病気が原因?

臭いは人それぞれ感じ方が違うため、たとえばその臭いをかいだことのない人にどんな臭いなのか言葉で説明し・・・

口臭予防

口臭はどんなときに強くなるのでしょうか… 自分の体臭、特に口臭を気にしている人は結構多いものです。・・・

年齢と口臭予防

人は年をとると、自然と体臭は強くなります。 特に、誰かの手を借りなくては日常生活を過ごすことができな・・・